排列3:ご使用している自動車に更に安全、更に快適、更にグリーンの技術や製品を提供します。

業界の発展傾向に合う自動車の核心技術の研究開発と産業化に取り組んでいます。

排列3 www.fgmfn.com

寧波拓普グループ株式會社は上海証券取引所に上場した先進な技術を持つ自動車部品企業(証券コード:6060689)であり、主に自動車パワーシャーシシステム、內外裝部品、知能運転制御システムなど分野に関する研究と製造に力を入れています。

1983年設立以來、自動車業界に30年以上にわたって注力しています。 中國寧波に本社を置き、グローバルプロジェクトをサポートする研究開発センターと先進的な技術を持つテストセンターを持ち、パワーシャーシシステム、內外裝部品、電子システムなど事業部が設立され、振動制御製品、內裝製品、パワーシャーシ製品、軽量化製品など5000余り製品を生産しています。

最先端の研究開発技術、製造技術、品質管理、グローバル供給能力を持ち、拓普グループは國內外の多くの自動車メーカーと良好な技術協力関係を確立し、多種類のサブシステムと自動車のマッチング設計を行い、彼らとの同期設計?研究?開発を実現し、グローバルプロジェクトの推進へサポートを與えて、アウディ、BMW、クライスラー、GM、吉利、フォード、ベンツ、ポルシェ、フォルクスワーゲンなどの自動車メーカーのグローバルサプライヤーとなっております。

拓普は研究開発システム、調達システム、物流システム、生産システム、販売システム、品質システム方面においてリーン管理方法を実施し、すでに革新競爭力を持つブランドを形成し、國內外の自動車業界で高い評価を得ています。

拓普核心業務:
1.車両工場と同期設計を実施します。(●完全なNVHソリューションの提供 ●車両テスト、分析 ●車両の振動?騒音制御目標に満たす製品を設計すること)
2.製品の研究開発と生産(●自動車部品の初期開発と設計●部品のモジュール設計●部品生産と供給調達サービスの提供)


   拓普の生産基地>>
Planets 1983 1997 2001 2005 2011 2013 2015 2016 2019

1983年
拓普創立

1997年
ISO 9002品質體系認証を取得

2001年
拓普NVHR&Dセンターを設立、國際市場に登場

2005年
ISO/TS16949品質體系認証を取得

2011年
寧波拓普株式會社を設立

2013年
北米R&Dセンターを設立

2015年
上海証券取引所に上場

2016年
海外製造工場の配置を開始

2019年
新本社基地の導入使用開始

{ganrao}