グローバル戦略

世界中に最先端の自動車研究開発技術に適合し、グローバル化のニーズに対応するため、研究開発チーム、研究開発分野を拡大し、グローバルプロジェクトビジネス、物流、倉庫センターを絶えずに広げています。 2012年にはアメリカデトロイトで北米R&Dセンターを設立し、2014年にはドイツウィインハイムで技術サポートと倉庫センターを設立し、2016年にはスウェーデンヨーテボリヨーロッパR&Dセンターを設立し、ブラジルサンパウロで製造工場を設立し、2018年にはマレーシアタンジュンマリンで製造工場を設立しました。またその他の地域の拡大も進行中です。

もっと見る
創新戦略

科學研究?革新能力を企業の核心動力にして、拓普は基礎研究や新技術の研究開発のため年間売上高の5%以上を投資し、関連産業の最新技術を取り入れ、技術革新能力を向上させ、拓普の自動車技術が業界の発展の最前線にあることを確保します。


自動車産業インダストリー4.0時代において、ソフトウェアとハードウェアを積極的にアップグレードし、將來の自動車の人工知能化、製造自動化、サービスの情報化、グリーン化のため基盤を築いてきました。 2014年に植物繊維材料の研究開発?製造プロジェクト、2015年に自動運転補助システムの部品開発分野に入りました。 詳細はこちらへ

詳細はこちらへ
持続可能戦略

環境保護は拓普にとって非常に重要な理念の1つであり、拓普はより安全で快適で環境に優しい技術と製品を提供することに力を盡くす同時に、経済と生態環境の持続的な発展を共勝つように取り組んでいます。工場建設から、生産技術、最終製品までのの各段階でもこの環境保全理念を貫いています。


環境保護においても製品開発の革新的な考え方も採用されます。 二酸化炭素排出量を削減するために、製品性能を向上させます。 環境にやさしい材料に切替えて使用し、より安全な製品や工蕓を作ります。 私たちは、生態環境を保護し、それらが持続可能であることを確保するために努力しています。

{ganrao} 有没有赌钱的网站 辽宁体彩11选五一天多少期 188百家乐玩的人多吗 双色球玩法介绍 想做股票配资合法吗 证监会关于配资的规定 广东快乐10分走势图丶 体彩飞鱼有规律吗 山西快乐十分中奖规则图 08年最牛的股票分析师 江苏十一选五开奖结果牛 四川快乐12遗漏遗漏 云南时时彩开奖结果 南京外汇配资公司 甘肃快三和值走势图 幸运飞艇技巧交流论坛社区